ぴいマンのブログ

ぴいマンのブログ

花言葉は海の恵み

【気軽に瞑想】初心者でも簡単にできる!1分間瞑想をおすすめする理由

f:id:Piimanblog:20200523194401p:plain



こんにちは、ぴいマン(@Piiman_blog)です。

 

瞑想」というと長時間、何も考えずに耐え続けなければならない、難しいものだというイメージがあるんじゃないでしょうか。確かに間違いではありませんが、それは瞑想を使いこなしてる達人がやること。実は初心者でも簡単に瞑想ができちゃうんです。

 

今回は1日1分でも効果を発揮するという1分間瞑想について紹介していきます。

 

 

目次(タップで移動)

 

 

 

瞑想に期待できる効果

 

期待できる効果
  • ☑ストレス軽減
  • ☑集中力up
  • ☑ポジティブシンキングになる
  • ☑勉強や仕事のパフォーマンスの向上

期待できるだけなので確実にこうなるとは言い切れませんが、自分が瞑想して実感が一番あったのは集中力up、またそれにより勉強などがはかどるようになったことです。

 

f:id:Piimanblog:20200522181630j:plain
ぴいマン

瞑想をすると気分がスッキリ!

 

瞑想中は思考してもいい!?

f:id:Piimanblog:20200523182037j:plain

よく「瞑想中は何も考えてはいけない」というのを聞きますがあれは嘘です。人間は思考を止めることができないような身体につくりになってるんです。

 

f:id:Piimanblog:20200522191026j:plain
ぴいマン

心臓を止めろと言ってるようなもんだよ~


 

だから、思考を止めようとするのではなく第三者として自分を「観察」するようにしましょう。雑念などが出てきてもそれが出てくるのは当たり前なので自分は瞑想が下手なんだと思う必要はありません。

 

1分間瞑想の具体的なやり方

①まず姿勢をまっすぐにしてください。背筋をまっすぐにし、胸を大きく開いて座ります。

 

②座り方は胡座(あぐら)でも正座でもOKです。椅子に座ってでもできます。

 

③座ったあとは、顔から両肩、腕と徐々に力を抜いていってください。上半身を脱力するようにします。

 

④手のひらは膝に軽くのせる感じです。手のひらは上向きでも下向きでもいいので自分が落ち着く所に置きましょう。

 

⑤目は閉じていた方がやりやすいと思います。半眼の状態でもできますが、半眼でやるときはどこが一点をぼんやりと見つめるようにしてください。

 

⑥上に書いた状態をつくった後、ゆっくり呼吸をしそれを観察するようにして一分間続けます。

 

このとき時間を気にせずにやるために事前にタイマーなどで時間を計っておくことをおすすめします。さあ、さっそく今から一分間やってみましょう!

 

正しくやるコツ

環境を整える

f:id:Piimanblog:20200523183557j:plain

まず瞑想をするときは騒音を周りからなくし、自分がリラックスできる環境を必ずつくるようにしてください。なので朝起きてすぐに行うと車の音や人の話し声などがあまり聞こえないのでおすすめです。

f:id:Piimanblog:20200522191700j:plain

早起きは三文の徳!

 

雑念を無理に払わない

f:id:Piimanblog:20200523184457p:plain

前述したように基本人間は雑念が必ずでてくる生き物です。完全に考えないようにするのは無理なので、遠くからその雑念がでていることを観察し自分の外へ追い出すことを心がけましょう。

 

初心者におすすめする理由

f:id:Piimanblog:20200523185312j:plain

1つは短時間でやることができるので初心者でも三日坊主にならず続けやすいからです。そして慣れていったら5分ずつ増やしてみたり、自分の気が済むまで続けたりすることができます。

もう一つはなんといっても初心者だった自分が効果を実感しているからです。朝の1分で行うことができるので本当に続けやすいですね。この瞑想を始めてから勉強の集中力が上がったり、ブログの作業スピードがUPしたりと脳が冴えているのが身を持って実感できました。ただ最初の1、2回は効果を実感しづらいので3日以上は続けましょう。

 

まとめ

f:id:Piimanblog:20200523194434p:plain
 

この「一分間瞑想」は短時間で心を整えることができる素晴らしいものです。少しずつでいいので毎日こつこつ続けるとだんだん効果も高まってくるでしょう。

とにかく「瞑想」というのは心を落ち着かせるのが目的なので気負いすぎず、気軽に挑戦してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Twitter(@Piiman_blog)

ブログ→ぴいマンのブログ